トップページへ 乳幼児の薬 カンジダ薬 ステロイド軟膏など COPD薬 保湿剤 乳幼児小児の感染症(登校登園禁止の疾患) 小児の抗生剤味と飲み合わせ 乳幼児の喘息発作の時

出生時 3ヶ月 6ヶ月 満1歳 6歳 8歳
3kg 6kg 8kg 10kg  20kg 25kg
小児薬用量  体重10kg児  

ペリアクチン散
カルボシステインDS
アスベリン散       分3×○ 日

0.3  g
0.6  g
0.1~0.3 g

アスベリンsr
ペリアクチンsr
カルボシステインsr      分3×○ 日

 4  ml
 4  ml
 6  ml 

小児用抗生剤
(⇒味や飲ませ方)
体重10kgあたり1日用量 服用回数

● ペニシリン系
ワイドシリン細粒20%
ワイドシリン細粒10%
パセトシン


1.5g
3.0g(2-4g)
3.0g

1日3回
クラバモックス
6-10kg 1.01g
11-16kg2.02g
17-23kg3.03g
1日2回5日間
食前

● セフェム系
オラスポア ・ケフラール
トミロン ・バナン
セフジニル(セフゾン)飲み易
フロモックス ・メイアクト


3.0g
1.2-1.8g
0.9g
0.9g

1日3回

● マクロライド系
エリスロシン200
クラリス ・クラリシッド


0.75g
1.0-1.5g


1日4-6回
1日2回

● TC系
ミノマイシン


1-2g


1日1-2回

● その他
ホスミシン(ds400)
ホスミシンds200

1-3g
2-6g

1日3回
ジスロマック細粒 1.0g 1日1回3日間
オゼックス細粒小児用15%
オラペネム小児用細粒10%
ファロム
0.8g
0.8g
1.5g
1日2回
1日2回
1日3回
COPDの薬 (⇒写真や詳細) 
 シムビコートタービュヘイラー
30吸入60吸入
 成人1回1-2吸入1日2回
 アドエア250ディスカス
28吸入用 60吸入用
 成人1回1吸入1日2回 
アドエア125エアゾール120吸入用    成人1回2吸入1日2回
フルタイド100ディスカス  成人1回2吸入1日2回
ふるたいど50ディスカス   小児1回1吸入1日2回
パルミコートタービュヘイラー112吸入   成人1回2吸入1日2回
アズマネックス100μg60 吸入  成人1回2吸入1日2回
小児薬用量 体重10kg児
1日の用量
(製剤量/10kg児)
タミフルDS3% 1.33g/10kg(1歳以上) 分2
2g/10kg(1歳未満
ゾビラックス顆粒40% 2.0g 分4
ホクナリンテープ 6月~3歳未満:0.5mg
3歳~9歳未満:1mg
9歳~:2mg

 下痢止め:1回1包

ラックB+タンナルビン
レベニン+アドソルビン
ガランターゼ(0.5g)12包
ロペミン小児用細粒

体重10kg

1g+1g 分3
1g+1g 分3
ミルク100mlに溶いて分6×7乳児
0.2g~0.4g
ロートエキス散10%
(胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとる)鎮けい剤
6ヶ月 0.05g
1歳 0.1g
3歳 0.2g
7.5歳 0.3g 12歳 0.4g
便秘症(下剤)
酸化マグネシウム
体重10kg
 0.5g/1日
坐剤
アンヒバ坐剤(50/100/200mg) 1歳未満:50mg 
1~2歳:50~100mg 
3~5歳:100mg 
6~12歳:100~200mg
ナウゼリン坐剤
2-3回/日
3歳未満:1回 10mg2ー3回/日
3歳以上:1回 30mg2ー3回/日 
熱性痙攣(1回量)
ダイアップ坐剤6㎎(ジアゼパム)

エスクレ坐剤
体重10kg:2/3個(4㎎)
10~15kg :1個(6㎎)

1回0.3-0.5mg/Kg(発作時)
⇒保湿剤 詳しい写真・解説
ヒルドイドクリーム
ヒルドイドソフト軟膏
ヒルドイドローション
⇒保湿剤 詳しい写真・解説
20g
25g
25g
インタール吸入液1% 1日2-4アンプル(60-80mg)
ベネトリン吸入液0.5% 小児は1回0.1~0.3mL(0.5~1.5mg)を、深呼吸しながら吸入器を用いて吸入
大人は1回0.3-0.5ml
メプチン吸入液ユニット0.3mL 小児は1回0.1-0.3mL
パルミコート吸入液0.5mg1管
ひどいっ時
6ヵ月-5歳未満0.5mgを1日1回
小児薬用量一覧表
1日の用量
(製剤量)
薬品名散剤 体重10kg児/day
ゼスラン小児用細粒
ニポラジン小児細粒
ペリアクチン散 1%
0.2-0.3g/2
ポララミン散
ポララミンds
 0.2-0.3g/2
0.5-0.75/2
ザジテンDS 0.4g
アレジオンDS 0.25-0.5g/日1回
オノンds 0.7g
ジルテックDS
セチリジン塩酸塩
2-7歳0.4-0.8g
アレロック顆粒0.5%
オロパタジン塩酸塩
2-7歳1.0g
アレグラDS5%
(フェキソフェナジン塩酸塩) 
6ヵ月-2歳未 0.6g
2歳-12歳未満 1.2g
12歳以上2.4g
インタール顆粒 2歳以上1g包×3-4
2歳未0.5g包×3-4
ジキリオン 1回1Aで1日2回
ポルボノール(0.4g/包;咳 1-2包/1日2回
プルスマリンA ds1.5%  痰 0.6g/1日3回
ムコソルバンDS1.5%
ムコダインds
ムコサールds1.5%
0.6g(適:喘息、気管支炎)
0.6g
0.6g
ビソルボン細粒 0.2g-0.3g
メプチン顆粒0.01% 6歳↑ 1回0.25g1日2回
6歳未満 1回0.0125g/kg1日2回
メプチンdsy 6歳↑ 0.5g1日1回or1.0g1日2回
6歳未 1回0.025g/kg1日2回~3回
メプチンミニ錠25μg 6歳↑1回1錠1日1回寝前or1日2回
テオドールDS0.005% 1-2包(0.4g/包)/1日2回
テオドール錠50mg 
  or100mg錠
成人1回4錠小児は1回2ー4錠
1日2回朝及び就寝前
ホクナリンDS 0.4g
ホクナリン錠1mg 成人は、1回1錠(1mg)を1日2回
アスベリン散/3回 1歳未満:0.05-0.2g
1歳~3歳未満:0.1-0.25g
3歳~6歳未満:0.15-0.4g
カロナール細粒20% 1回 0.5g~0.75g
ナウゼリンDS
1-2g (max3g)
6歳以上0.1g/Kgまで
小児薬用量一覧表
1日の用量
(製剤量)
シロップ剤 体重10kg児/day
セレスタミンsyr1日量
(5ml=1Tab)
1-4月 2ml/3回
5-8月 3ml
9-12月 5ml
2歳 3歳 6ml  4歳 7ml
5歳 8ml   6歳 9ml
 リンデロンシロップ0.01%(含有量0.1mg/ml) 1.2~19.2ml/10kg
(成人5~80ml)1-4回/日
ザジテンsyr 6ヶ月~3歳未満 4ml/日
3歳~7歳未満  6ml/日
7歳~       10ml/日
ザイザルSyr 6ヵ月~1歳未2.5mL/1日1回
1歳~7歳未満.5mL/1日2回
ポララミンsyr0.04%
ペリアクチンsyr
5ヶ月 2.5ml
1歳 3ml
3歳5ml 
7.5歳 6.25ml
12歳 10ml
ゼスランsyr0.03% 「喘息」 4~8ml 
「掻痒」 2ml
ムコダインsyr 6ml
ムコソルバンシロップ 3ml
プルスマリンAシロップ 3ml
アストミンシロップ0.25% 約3~4.5ml/10kg分3 
ベロテックシロップ0.05% 7.5ml/10kgを分3 
メプチンsr0.0005% 2.5ml
ベネトリンsyr0.04% 3-7.5ml
テオドールシロップ2% 4.8ml/10kg
フスコデsyr 2歳未満:1ml 
2~5歳:2ml 
5~8歳:3.33ml 
8~12歳:5ml 
メジコンsyr 3ml (3ヵ月-7歳)
アスベリンsyr0.5% 4ml
トランサミンsyr 5~10ml
1歳以下1.5-4mL
2-3歳は3-7mL
4-6歳は5-13mL
カロナールsr 5-8ml

抗ウイルス薬

抗ウイルス薬  
アメナリーフ   200mg錠  帯状疱疹:400mgを7日間、腎毒性が少ない、肝臓で代謝される。ただ高い。3割1W分で約6500円
 ゾビラックス   200mg錠/400mg錠
[成人]
単純疱疹: 通常、成人は1回0.5g(主成分として200mg)を1日5回服用します。
帯状疱疹: 通常、成人は1回2g(主成分として800mg)を1日5回服用します。
 顆粒40%
[小児]
単純疱疹: 通常、小児は1回体重1kgあたり0.05g(主成分として20mg)を1日4回服用、1回最高用量は0.5g(主成分として200mg)
帯状疱疹・水痘: 通常、小児は1回体重1kgあたり0.05g(主成分として20mg)を1日4回服用、1回最高用量は2g(主成分として800mg)
バルトレックス   500mg錠
単純疱疹:通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口
帯状疱疹・水痘:通常、成人にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与。
 顆粒50%  単純疱疹:通常、体重10kg未満の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回、体重10kg以上の小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日2回経口投与する。ただし、1回最高用量は500mgとする。
帯状疱疹・水痘:通常、小児には体重1kg当たりバラシクロビルとして1回25mgを1日3回経口投与する。ただし、1回最高用量は1000mgとする。


熱性けいれんの既往がある児のアレルギー薬

 熱性けいれんの既往がある児のアレルギー薬チョイス  「日本医事新報,No.4732,2015.1.3,105-106」などより
安全  比較的安全  痙攣誘発リスク高 
 アレグラ  クラリチン  ザジテン
 アレジオン  ジルテック  セルテクト
 ザイザル  アレロック ポララミン 
 シングレア  タリオン  アレルギン
 オノン  アゼプチン  ペリアクチン
 IPD  ゼスラン  ヒスタール
 エバステル  ニポラジン  アタラックス
 ビラノア    レスタミン
     タベジール
     テルギンG

妊娠時につかえる薬剤

治療上の有益性がリスクを上回る場合の投与かつ、絶対過敏期(20~50日)への投与は極力避ける事は必要であると思われる。
よく遭遇する分野のみ下記にピックアップ。(出典元:妊娠と薬じほう P19~P30)

 抗菌剤  ペニシリン系(サワシリン、ユナシン他)・・・使用歴長く安全
セフェム系(フロモックス、メイアクト他)・・・使用歴長く安全
マクロライド系(クラリス、ジスロマック他)・・・使用歴長く安全
 解熱鎮痛薬 NSAIDs(内服・外用含)・・・妊娠後期は禁忌だが、妊娠初期・中期までは血管の薬剤に対する感受性が低いため投与はできる。アセトアミノフェン(カロナール、アンヒバなど)とアスピリンだけが収縮作用が弱く妊娠初期~後期に至るまで使用可能である。貼付剤はケトプロフェンのみ×。 
 呼吸器疾患治療薬 第一選択は外用の吸入剤
鎮咳・去痰薬(アスベリン・ムコダイン他)・・・現在使用されている鎮咳去痰薬で、特に催奇形性や胎児毒性が問題となるものはない。
気管支拡張薬(テオドール、シングレア他)・・・第一選択は使用経験が多いテオフィリン、効果不十分ならシングレアや副腎皮質ステロイドを使用 
 抗アレルギー薬

第一選択は外用の点鼻・点眼・吸入剤、軟膏等の局所投与薬剤
H1ブロッカー・・・第一選択はポララミン。使用実績が多く使いやすい。他第一世代では、アレルギン、レスタミン、ペリアクチン、タベジールがオーストラリア分類ではカテゴリAである。
第二世代ではクラリチンとアレグラ、デザレックスの安全性が示されている。

シップ剤
温シップ:MS温シップシップ

冷シップ:
フェルビナクスチック軟膏3%


Augsberger式

小児量={年齢(歳)×4+20}/100×成人量

   

     

剤形 薬剤名 1回量 使用回数 その他
坐剤 水溶性→30分→脂溶性の順。
5分以内排出は入れ直し、5分超えは原型が残っていなければ入れ直さない。ナウゼリンは溶けるまで時間がかかる。
ナウゼリン坐剤 3歳未満:10mg、3歳以上:30mg、成人:60mg 2-3回 水溶性、溶融点50~57℃、室温保存、Tmax:2h、T1/2:7h
アンヒバ(アルピニー)坐剤 100~150mg/10kg 4-6h空けて 最大1日600mg/10kg
脂溶性、溶融点33.5~35.5℃、冷暗所保存、Tmax:1.6h、T1/2:2.7h
ダイアップ坐剤 4~5mg/10kg 1-2回 水溶性、崩壊時間6.8~11.4分、遮光室温保存、Tmax:1.2h、T1/2:34.9h
ボルタレンサポ 小児:5~10mg/10kg、成人:25~50mg 1-2回 乳幼児慎重投与、インフルエンザ×
脂溶性、溶融点35℃、冷所保存、Tmax:1h、T1/2:1.3h
エスクレ坐剤 300~500mg/10kg 1500mg/日まで 坐剤挿入時の向きに注意
水溶性、冷暗所保存
テレミンソフト坐剤 乳幼児:2mg、成人:10mg 1-2回 脂溶性、溶融点35.5~36.5℃、室温保存
テープ剤 ホクナリンテープ 6ヶ月~3歳未満:0.5mg、3~9歳未満:1mg、9歳以上:2mg 1回



 インフル治療薬 剤型  子供  大人  予防投与の適応 
ゾフルーザ   20mg錠
(10mg錠は薬局未入荷)
40kg以上1回2錠
20kg~40kg1錠
体重10kg以上20kg未満の場合1回10mg
 12歳~成人2錠/1回(80kg以上4錠)   ×
タミフル 75mgCap/Ds  1歳以上児=0.133g(ドライシロップ)/kg 分2×5日
1歳未満の新生児・乳児=0.20g(ドライシロップ)/kg 分2×5日
(例 :体重10kg1歳以上の児は、1.33g分2×5日ですが
1歳未満の10kg児はタミフルds2.0g分2×5日です。塩野義HPより)
大人=2Cap 分2×5日  1日1回1Capを7-10日間 
イナビル  単回吸入  10歳以上2容器、10歳未満1容器 2容器(40mg)   ×
リレンザ  吸入  1日2回5日間 (1回10mg=2ブリスター) 4歳以下は使用経験が少ない  1日2回5日間   1回/日10mg 10日間


その他        

分類 薬剤名 1日量 1回量 服用/使用回数 その他

ジルテック錠 7歳以上~15歳未満:5mg/回(成人:10mg/回) 小児:2回(成人:1回)
アレグラ錠 7歳以上~12歳未満:30mg/回 2回
アレロック錠 2歳以上~6歳未満:2.5mg/回
7歳以上:5mg/回
2回
クラリチン錠 7歳以上:10mg/回 1回
デザレックス錠 12歳以上:5mg/回 1回
ルパフィン錠 12歳以上:10~20mg/回 1回
ザイザル錠 7歳以上:5mg/回 1回
エバステル錠 7歳以上:5~10mg/回 1回 BW30↑辺りで10㎎を検討
アレジオン錠 7歳以上:10~20mg/回 1回 BW20↑辺りで10㎎を検討
オノンカプセル 7歳以上:225~450mg/日 2回 BW23↑辺りで225㎎を検討
シングレアチュアブル 6歳以上~15歳未満:5mg/回 1回
ネキシウムカプセル 1歳以上:60mg/回/10kg 1回 BW20↓10mg、BW20↑10-20mg
オゼックス錠小児用 1歳以上:10~20mg/回 2回 1歳未満安全性未確立

フルナーゼ点鼻小児用 1噴霧 1日2回 3~14歳(能書は5~)
アラミスト点鼻液 1噴霧/回
(15歳↑:2噴霧/回)
1日1回 2歳以上~15歳未満
ナゾネックス点鼻液 1噴霧/回
(12歳↑:2噴霧/回)
1日1回 3歳以上~12歳未満
ザジテン点鼻液 1噴霧/回 1日4回 7歳以上
インタール点鼻液 1噴霧/回 1日6回 全年齢
リノコートパウダースプレー 1噴霧/回 1日2回 6歳以上
エリザス点鼻粉末 小児適応なし

フルメトロン点眼液 1日2-4回 3歳以上
用時懸濁
リボスチン点眼液 1日4回 7歳以上
用時懸濁
パタノール点眼液 1日4回 1歳以上
リザベン点眼液 1日4回 1歳以上
インタール点眼液 1日4回 全年齢
アレジオン点眼液 1日4回 7歳以上
ケタス点眼液 1日4回 1歳以上
アイビナール点眼液
製造中止予定
1日4回 1歳以上
クラビット点眼液
タリビット点眼液
オゼックス点眼液
1日3回 全年齢


トップページへ
乳児の薬
カンジダ薬
ステロイド軟膏など
COPD薬
保湿剤
乳幼児小児の感染症(登校登園禁止の疾患)
小児の抗生剤味と飲み合わせ
乳幼児の喘息発作の時