ごあいさつ

地域の中核眼科医院をめざして
 こんにちは。野近眼科医院のホームページにようこうそ。
 野近眼科医院は、地域の皆様に支えられ、また地域の皆様とともに発展をつづけ、荒川区のみならず城東地域の眼科医療をになう中核医院として診療を続けております。
 JR南千住駅から徒歩2-3分です。
 
 現在、緑内障外来、黄斑外来、小児外来、斜視外来などの専門外来(東京大学、順天堂大学、昭和大学などっで各専門外来を担当している先生方が診察)や、白内障手術・眼瞼下垂手術など日帰りでの手術(前記大学の教授、准教授などが執刀)に力を入れております。
 また、糖尿病・網膜剥離に対するレーザー治療・コンタクトレンズ処方・一般眼科診療を行っております。  
順天堂大学病院
 ◎なお、緊急手術が必要な方・眼科入院が必要な方・重篤な眼疾患のある方など につきましては、適切かつ迅速に病診連携(手術や入院の可能な施設へ連絡)を取り、充分な治療を行なえる体制をとっておりますのでご安心ください。   昭和大学病院

ゴールデンウィーク期間中の診察は?

GW期間中の診察についてのご案内・・・4/30と5/2は通常通りの時間で診察を行います。
ゴールデンウィーク期間の診察につきましては、下記の通りです。
日付 診察内容
4月27日(土) 診察(土曜日のため午後1時まで)
4月28日(日) 日曜日休診
4月29日(月) 昭和の日の為、休診
4月30日(火) 診察
5月01日(水) 即位の礼の為、休診
5月02日(木) 診察
5月03日(金) 憲法記念日の為、休診
5月04日(土) みどりの日の為、休診
5月05日(日) こどもの日の為、休診
5月06日(月) 振替休日の為、休診
5月07日(火) 診察(通常通りの午前診・午後診)

小児専門外来


内斜視 
 当院では小児眼科の診察に力を入れております。
 大学病院などで小児斜視外来を担当していた『経験豊富な視能訓練士』が常勤しており、検査が難しい小児の視力や眼の向きの検査などを適切・正確に検査してもらえます。必要に応じプリズム眼鏡の処方を行います

 外斜視  
 また、眼科専門医の中でも小児眼科を専門としている医師(東京大学と順天堂大学の『小児眼科』専門外来を担当する医師)が診察します。 
診察をご希望の方は、窓口までご相談ください。

お知らせ

保険証をお忘れなく
月初めのご受診の際には保険証をお持ちください。
(転居・転勤に伴う住所・保険証の変更、新学期医療証の交付忘れにはお気を付け下さい。保険証、医療証、住所、電話番号 等が変更の際は受付スタッフまで お声かけ よろしくお願いします。)

診察時間

診察曜日と診察時間 

   月 火  水  木  金  土 
9:00-12:30  ○ ○  ○  ○  ○   
9:00-13:00           ○ 
14:00-18:30  ○ ○  ○  ○  ○   
   *時間に余裕をもって受診してください。
 各種専門外来をご希望の方は、日時をお確かめのうえ、受診してください。    

南千住の発展とともに・・・創立満80年を迎えました。

 昭和13年4月、初代院長 野近操 が荒川区南千住町1丁目(当時6丁目)に「 野近眼科医院」が開院しました。地域の皆様に支えられ、また地域の皆様とともに発展をつづけ、現在では荒川区のみならず城東地域の眼科医療をになう中核医院として診療を続けております。 野近眼科創立80年を迎えることができました。ひとえに皆様方のおかげでございます。 ありがとうございます。  
   現在、東京大学、順天堂大学および昭和大学の関連連携病院として3大学眼科専門外来の医師や、手術担当専門医を招き、日帰り手術、硝子体注射、その他眼科領域の各専門外来・手術 を行っております。 上記大学病院の先生方のお力をお借りしながら、地域の眼科医療を担う一翼として、今後とも日々研鑽を重ねてまいりたいと思います。  
 2代目院長野近英幸が平成元年4月施設拡充のため現住所(南千住5-20-8)に移転致しました。
 現院長は3代目院長(平成25年~)となります。  
 これからもよろしくお願いいたします。
   

icon 〒116-0003 東京都荒川区南千住5-20-8
icon 電話 03(3807)1360

 ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。


 

ページトップに戻る

ホームページ・タイトル