HOME > COVID-19関連
head_img_slim

お問い合わせ
TEL. 03(3802)8733
診察時間 午前 am9:30 ~ pm13:00
午後 pm14:30~pm18:30

発熱患者様の受診の仕方

 熱のある患者様は、下記の様にお願いいたしております。感染拡大を抑える為、何卒ご理解とご協力をお願いします。(感染状況をみながら対策は随時更新される場合があります。)

  まずお電話で、熱があるが受診したいことをご連絡ください。→何時頃に受診して頂ければよいかご案内があります。車で来院可能な方はお伝え願います。
  受診する際はマスクを着用のうえ、指定されたお時間にご来院ください。もしお車で来院することが可能な方はお車での来院を推奨します。(院内感染防止のため)
受診したら、電話予約のうえ来院したことを受け付け係にお伝えください。(他の患者様との接触を避けるため)看護師が一般待合室ではなく、別室へご案内します。車で来院の方は、所定の場所にお車を誘導します。車内で待機してください。
  医師やスタッフは感染防護のため、フェースシールドや手袋・ゴーグル・ガウンなどを装着させて頂きます。 院内感染防止の為、できるだけすぐに診察を行います。 
別室(車内)で診察・検査を行います。 場合によりインフルエンザやアデノ・溶連菌など、必要に応じた感染症の検査を行うことがあります。
  当院では、新型コロナウィルス抗原定性検査*1)を行っております。結果判定まで15分程度かかります。 
   診察が終了したら、お会計が済むまで別室(車内)でそのままお待ちいただきます。 
お薬が必要な方は、処方箋をお渡しします。お会計を済ませ、お薬をもらってください。 



  *1)新型コロナウィルス抗原定性検査の判定について  
 "陽性"の場合は、陽性者と確定。
 "陰性"の場合は、感染していないと断定はできませんが、「発症2日目から9日以内の有症状者の検査陰性例についてはまず感染者ではない。」ということです。詳しくは厚労省HP~抗原検査について)をご覧ください。 
 ◆ドライブスルー・コロナ検査(推奨
   お車で来院可能な方は、院内に入室することなく車内でコロナ抗原検査検体採取を行います。可能な方はお車での来院をお電話でご相談ください。 

発熱患者さまへお願い

  コロナ感染流行中、発熱のある患者様の受診方法を、上記”受診の仕方”のように変更しております。
 感染拡大防止の観点から、ウイルス感染を疑う『熱のある患者様』と、『一般の患者様』を、可能な範囲で時間的・空間的に区分させていただき診察を行います。(発熱患者様の診察時間別離、および検査診察を別室で)
 熱のない一般の患者様が安心して診療を受けられるように、そして発熱症状がある患者さまも安心して受診できるように、細心の注意を払って診察を行っております。
 そのため、感染防止の観点から、ウィルス感染症が疑われる患者様につきましては、決まった時間帯に来院して頂き、診察をおこなっております。ご了承ください。 
 
   初診問診票ダウンロード (表示されるPDFファイルを印刷してご利用ください。)
  待合室での『待ち時間短縮・三密解消』のため、初診の方は問診票にご記入の上ご来院して頂きますと幸いです。


PCR検査と抗原検査と抗体検査の違い

汐入耳鼻咽喉科では、新型コロナウイルス検査(主に抗原検査)を行っております。熱がある、咳や痰が続いて息苦しい・だるい、嗅覚がなくなった、などコロナ感染を疑う患者様に検査を行います。(要予約!)
熱のある患者様、あるいは新型コロナ感染症が心配だ、という方は、まず
発熱患者様の当院受診の仕方(クリックしてください)をご覧ください。

新型コロナウイルス3つの検査、および汐入耳鼻咽喉科で行っている検査について   
PCR検査 抗原検査
(抗原定性検査)
抗体検査
目的 現在感染しているかどうか 過去に感染していたかどうか
抗体ができているか
検体 鼻腔咽頭拭い液、
鼻腔拭い液、
唾液
鼻腔咽頭拭い液 血液
調べるもの ウイルスの遺伝子 ウイルスのタンパク質 血液中のタンパク質
精度 抗原定性より少ないウイルス量で検出可能 PCRに若干劣る
*検査実施場所 検査機関に搬送 汐入耳鼻咽喉科で検査 当院では行っていません
*所要時間 1日~2日程度 およそ15~30分
汐入耳鼻科で行っている検査 唾液によるPCR検査 抗原定性検査を中心に行っております。 行なっていません。

 *当院での情報を掲載しています。

PCR検査とは

検査したいウイルスの遺伝子を検出させる検査方法です。
症状が出る数日前から検出可能とされています。
検査時点で体内にウイルスが存在するかを調べます。
感度は約70%程度と言われてます。

抗原検査とは

検査したいウイルスの抗体を用いて特定のタンパク質(抗原)を検出する検査方法です。当院では主にこの抗原検査を行っております。
PCR検査に比べ検出率は若干劣りますが、少ない時間(15-30分程度)で結果が出る為、速やかに判断が必要な場合等に用いられます。
インフルエンザ検査の多くはこの抗原検査を行ってます。

抗体検査とは

ウイルスに感染すると形成されるタンパク質(抗体)を調べます。
体内に抗体ができるまでには時間がかかります。
過去にウイルス感染があったかのかを調べる為の検査で、現在感染しているかどうかの判定には使いません。
ウイルス感染した場合だけでなく、ワクチンにより抗体ができた場合も陽性となります。 


電話での診察をご希望の患者様・・・感染が怖いのでクリニックに行きたくない、いつもの薬だけほしいという方はこちらをクリック



オミクロン株

現在、新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株が全国で猛威を振るっています。
オミクロン株の特徴は従来型と異なり、鼻汁やくしゃみ、咽頭痛など上気道炎症状の 頻度が高く、かぜや花粉症と類似した症状を示します。

オミクロン株感染の特徴
・潜伏期間が短い(2-3日)
・感染力が強く、家庭内感染率が高い(31-45%)
・従来型より重症化率が低い
・初期症状は鼻汁(73%)、頭痛(68%)、倦怠感(64%)、くしゃみ(60%)、のどの痛み (60%)など上気道炎症状が多い
・従来株より発熱や嗅覚・味覚障害の頻度は低く 50%未満

まもなくスギ花粉の飛散シーズンを迎えます。
オミクロン株感染は軽症例が多く、花粉症の症状と類似しており注意が必要です。


ページトップに戻る